【当会の名目以外での私のシネマノヴェチェント参加状況】(抜粋)

箕輪支配人の念願という「オン・ザ・ロード」のニュープリント・リバイバル・ロードショー初日の2016年6月4日(土曜日)。
一口だけで恐縮ですが、同映画復活のためのサポーター会員にもなっていましたので、店は休みにして駆け付けました。
これが一般映画デビュー作だった和泉聖治監督は、新作「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」と初日が重なってしまったにもかかわらず、何とそちらの舞台挨拶を縮めてまで、こちらにお越しいただいたとのことで、こりゃあ感激っ!
これがデビュー作だった渡辺裕之さんとの、ここでしか話せない内容の対談も実に面白く、これは映画の神様が微笑んだとしか言いようの無い成り立ちだったことに、あらためて感じ入った次第。

この場所での、手を変え品を変えての毎週土日のイベント攻勢は凄いので、私主催のイベントも負けずに頑張りたいと思います。
仕事休みの2016年3月24日(木曜日)、珍しく2週連続で行きまして、河崎実監督の「アウターマン」を鑑賞。
「ウルトラマン」からの歴史を踏まえつつ大逆転する水平思考的発想、長年のオタク特撮ファンの社会的地位(または位置)への洞察、堂々たる楽屋落ち、と、3D映画じゃないけれど、それ以上に立体的な構成の傑作ではないでしょうか。

上映後は箕輪支配人と飲みながら、募集中だった当会の次回上映予定企画、天地真理ちゃん主演映画「愛ってなんだろ」の締め切り直前の傾向と対策をしようと考えていたのに、あらま、ちょうど支配人は1日中留守。(が、後日、おかげさまで募集数がクリアされたので上映は決定!メデタイ♪)

ならばと、川崎まで行って、ちょうど時間の合ったのはタランティーノ監督の「ヘイトフル・エイト」だったので、やけに長い上映時間(3時間近く)だけど観てみました。面白いけれど重石(おもし)みたい、とのシャレ感想。次作に(も)期待。
仕事休みの2016年3月17日(木曜日)、川崎で「スターウォーズ/フォースの覚醒」を、どうせこんなの観るならと、3D+MX4Dを初体験。長~い「スター・ツアーズ」アトラクションかとも期待したが、やっぱりこんなもん。

で、観終わって、ノヴェチェントに移動。「プリデスティネーション」を鑑賞。
どんな映画か全然知らずに観て、最初はスパイ・アクションかと思ったけれど、オーストラリア産のSF映画でした。かなり特異な人間をデッチ上げた無理矢理な設定だけど、ま、タイムパラドックスってこと自体、どんなだろうが無理矢理な訳で…。しかし、この日本タイトルはヒットさせる気が無いよね~。ロバート・A・ハインラインの原作小説の邦題「輪廻の蛇」もイマイチ魅力に欠ける。ワタクシが付けるなら、「悪夢の連鎖迷宮」、かな。って、これもカネを稼げるようなタイトルじゃないか~

ちょうど佐野和宏監督がいらっしゃったので、4月公開の監督の新作映画「バット・オンリー・ラヴ」の前売券を手渡しで買わせていただきました。観るのが楽しみです♪

◆仕事休みの2015年12月24日(木曜日)、今関まさよし監督作品「彼女は緑の光に彼を思う」と「クレヴァニ 愛のトンネル」を観た後、当の今関監督とクリスマス・イブを過ごしました♪

かつて大林宣彦監督が「乱」のメイキングを担当した際の実働部隊として撮影現場に参加し、間近に接したラブリーな黒澤明監督の話や、以前にフランソワ・トリュフォー監督特集の映写バイトをしていた際、用意された上映用フィルムの状態が非常に悪く、映写室で奮闘努力していたのだが、当日ゲストで来日していたトリュフォー監督本人に怒鳴り込まれたという、むしろ「宝物」と言うべき経験の話などで大いに盛り上がりました~

そんな貴重話にも普段着で出逢える、シネマノヴェチェントの奇蹟♪
◆特に会合は呼びかけませんでしたが、仕事休みの2015年11月12日(木曜日)、矢崎仁司監督作品「××× KISS KISS KISS」と、箕輪支配人絶対オススメという「リディック:ギャラクシー・バトル」を連続鑑賞♪♪
「××× KISS KISS KISS」は5話オムニバスなので、合計6つの世界に触れたことになり、いささか満腹~

思い起こせば、もう30年以上も前、当時住んでいた東京・東高円寺の深夜営業スーパーで矢崎さんを見掛けて、「風たちの午後」にヤラれていたワタクシは思わず声をお掛けして、そのまま近くの矢崎さんのアパートで飲み明かしました。
同じ地下鉄・東高円寺駅の近くには長崎俊一監督も、JRの高円寺駅そばには石井聰亙監督も住んでいたので、そうしたメンバーが集まる機会もあり、自主製作映画界の才能に間近で触れることが出来たのは実に貴重な体験でした。

そうしたこともあるので、今も新作を撮られていて、それをシネマノヴェチェントで観れるというのは、もう充分な奇蹟かと思われる次第♪
◆2015年8月7日(金曜日) オールナイトでの「シネマバトルロイヤル」にバトラー参戦して負けました(笑)
しかし、真夏の夜の夢のイベントを堪能、満腹♪ 支配人、参加の皆さん、そして特に幹事の方お疲れさまでした~
【その他】
◆雑誌『散歩の達人』 9月号(8月21日発売、定価700円)の「大井町特集」の中で、かつての「大井武蔵野館」をお取り上げいただきました!

当時の常連の(そして今はシネマノヴェチェントの常連でもある)お客さまとインタビューを受けたりしていますが、当時の当館チラシの画像なども掲載されています

特に「House ハウス」から20年後の1997年夏に特集上映した「大林宣彦監督特集」のチラシは、今も大林映画のスタッフとしても活躍されている相馬宏充さんによる素晴らしいイラスト!

また当方で思い付いたスタンプラリーでは、監督ご本人と大林千茱蔓さんが当時プリクラのような感じで巷に存在していたオリジナル・スタンプ製造機?があるからとノリノリで遊び心満載の10.種類を作ってくださいましたが、その画像がこの本で永久保存公開出来ることになりました~!

当然ながら、こればかりは立ち読みじゃなくて、絶対に買いましょう!!
◆Webマガジン『大人のMusic Calendar(旧・大人のMusic Walker)』に、ご依頼いただいて寄稿しました
(これは「大井武蔵野館」とは関係無い音楽ネタですがの~)

Facebookにて日々更新中!
https://www.facebook.com/OtonanoMusicWalker

※過去の分では何故かスマートフォンでは表示されないページがあるようです
ただし、パソコンでは問題無いはずです

Facebookログインにてお読みいただけましたら、「いいね!」よろしく♪
→カウントが増えれば、またご依頼いただけるかも
→となれば、そのギャラでシネマノヴェチェントで飲めますので~

かなり以前の分は下記ページで検索していただく方が早いと思います(「執筆者一覧」リンクあり)
http://music-calendar.jp/

・2017年3月6日付け 加瀬邦彦(誕生日、1941年生まれ)
・2017年2月19日付け(2016年同月同日分の再掲載) フォーク・クルセダーズ「イムジン河」発売中止(1968年)
・2017年2月8日付け 当時のザ・タイガース主演映画3本全部で共演した久美かおり(誕生日、1949年生まれ)
・2017年1月5日付け ザ・タイガース「君だけに愛を」(1968年の同日発売)
・2016年11月1日付け フォーク・クルセダーズのライヴ・アルバム『はれんちりさいたる』(1968年の同日発売)
・2016年9月27日付け 沢田研二「時の過ぎゆくままに」(1975年の同日 オリコン・チャート1位の2週目)
・2016年9月22日付け 瞳みのる(誕生日、1947年生まれ)
・2016年7月22日付け ザ・タイガース「シー・シー・シー」(1968年の同日にオリコン・チャート1位獲得)
・2016年6月22日付け ザ・タイガースがTV「木島則夫ハプニングショー」出演(1968年の同日、生放送でハプニング?!)
・2016年6月20日付け 沢田研二「勝手にしやがれ」(1977年の同日にオリコン・チャート1位獲得)
・2016年6月7日付け 岸部シロー(誕生日、1949年生まれ)
・2016年2月19日付け フォーク・クルセダーズ「イムジン河」発売中止(1968年)
・2016年2月2日付け ガロのマーク(堀内護)(誕生日、1949年生まれ)
・2016年1月9日付け 岸部一徳(誕生日、1947年生まれ)
・2015年12月19日付け ザ・タイガース主演映画第2作『「華やかなる招待』(1968年当時の封切日)
・2015年10月1日付け 萩原健一『熱狂雷舞』(1979年当時の発売日)
・2015年8月10日付け 沢田研二+萩原健一のバンドPYG(1971年当時のファースト・アルバム発売日)
・2015年8月8日付け ビートルズ『アビイ・ロード』(1969年、有名な横断歩道ジャケット写真の撮影日→右はその画像)
・2015年7月26日付け 萩原健一(誕生日、1950年生まれ)
・2015年6月19日付け 北山修(誕生日、1946年生まれ)
◆上記の北山修さんに関する原稿でも少し触れたし、今年(2015年)出版された『ザ・タイガース研究論』(近代映画社)にも書きましたが
京都在住の大学1年生だった北山さんが1965年の8月(おそらく中旬以降)に、京都駅近くの自宅から同市内南部の加藤和彦さんの家を自転車で訪ねたのが、かのフォーク・クルセダーズ(フォークル)の起源!

その出逢いこそが無ければ、「帰って来たヨッパライ」も「イムジン河」も、ひいては「風」や「花嫁」、「戦争を知らない子供たち」「あの素晴らしい愛をもう一度」などの歌も世の中には存在しなかったはず

ということで、それからピッタリ50年後の今年2015年8月(の19日)に、私も同じコース(右図参照)を自転車でたどってみました
(もっとも、実際に北山さんが走ったのは少し違うコースだったかもしれません
今回、私は行きは京阪電車の西側を走りましたが、そうすると加藤さんが通っていた龍谷大学の脇を通ることになるのです
そして、京阪電車の東側、シュールな風景の千本鳥居で有名な伏見稲荷大社の前の通りとなる伏見街道で帰りましたが、皆が知っている第2期フォークルに加入することになる端田宣彦さんの実家は伏見稲荷の隣の駅あたりの場所で当時ドラッグストアを自営していたとのことですから、商売するなら伏見街道に面していたかも知れず、だとしたならば、その時の北山さんは端田家の前も通っていたことになるのかも…)

実は昨年の6月にも、1965年頃の情報をイロイロ調査した上で地図を片手に探し探し一度走ってみたのですが、今は無い北山家の場所は間違えていたし、途中で迷ったり寄り道もしたし、あくまで前回はリハーサルで、ちょうど50年後、しかも同じ8月の今回こそが本番っ!

ゆっくりストレートに走って50分くらいの距離と、それなりに道中が長いので雨が心配~
前日までの天気予報では晴れとのことだったのに、深夜バスで早朝に京都に着いてみたら曇っていて、何と当日午後からは雨の予報が(泣)

ちょっとサウナとかで仮眠して体力を回復してからのつもりが、まずは行って来るかと、バスが着く京都駅裏側(八条口)にある「丼ぶりと京風うどんのなか卯」でエネルギー補給してから、近くにあるレンタル自転車屋さんへGo!

逆に炎天下じゃないので熱中症の心配は無く、昼過ぎに京都駅近くに帰って来てから、調子に乗って、今まで行ったことが無かった(音楽ファンには有名な)「円山音楽堂」まで出向いて、外からだけど眺めてみたら、写真で見てた印象と全然違ってました~
やはり何事も自分自身で体験してみないと分かりまへんゎね

結局、夕方になっても雨には降られず、やはり天気の神様は音楽の神様に遠慮したようです♪

しかし、同じようなことをした人は、広い世間には私以外にも居たのでしょうか(笑)

ちなみに、「世界の京都」へ行きながら、世界遺産の類には見向きもせず、ただ鴨川べりを中心に自転車で走るだけなんて、ある意味では贅沢な旅をしてしまいました

ま、いつも行き当たりばったりの独り旅なので、着いてからチェックしたら当日の安宿は京都には無く、しょうがなく眠るためだけに大阪まで行って、またまた道頓堀で飲み食いしたりして~

私が好きな関西弁(ただし女性のみ)がタダで聴けるし(笑)、私が生まれ育って暮らして来た関東とは文化が違うし、歴史的な日本文化が今も味わえるし、距離的にも近すぎず遠すぎず、気どった京都と庶民味あふれる大阪がセットで楽しめるし、旅するならまた関西かな☆
【かつての大井武蔵野館 上映番組の資料ページ】
なんかも作成予定ですが、私の時間次第ですね~
当時の写真やチラシ(1986年夏以降は手持ちがありますが)をお持ちでご提供いただける方にも期待しております

とりあえず1981年7月19日のオープン・チラシ画像掲載中!

トップページに戻る